本文へスキップ

トップページ > 署長あいさつ

TEL. 0166-34-0110

〒078-8211 旭川市1条通25丁目487番地の6

署長あいさつ

○ 少年の非行・犯罪被害防止と有害環境の浄化

 まもなく春休みを迎え進学・進級の時期は、未成年者の飲酒、喫煙、万引き、薬物乱用等の非行が増加することが懸念されます。
 特にたばこは、ゲートウェイドラック(入門薬物)と言われ、未成年のうちからたばこを吸うと、たばこに含まれる成分に体が慣れ、更に強い刺激を求めて大麻などの違法薬物や危険ドラックに手を出してしまうこともあります。
 未成年者は、たばこを絶対に吸わないようにしましょう。

 また、これからの時期は、児童生徒がスマートフォン等を新規に購入したり、機種変更する機会が増え、インターネットの安全な利用方法や危険性を理解しないまま、インターネットを利用し、犯罪被害に遭うことが危惧されます。
 昨年中、道内でSNS等の利用に起因して福祉犯被害にあった少年(少女)が増えております。昨年2月1日、いわゆる「青少年インターネット環境整備法」が改正されましたが、既に販売されたスマートフォン等にはフィルタリングの未設定が多いという実態があります。子どもを犯罪から守るためにはフィルタリング設定は重要と思われますので保護者の方は、お子様と十分話し合い、必要な対策を講じてインターネットで知り合った人とは「会わない」「信用しない」「写真を送らない」ようにしてください。

○ 融雪期における事故の防止

 最近は、寒暖の差が大きくなり、氷のようになった屋根の雪が落ちてきて下敷きになったり、屋根の雪下ろし作業中の転落によって命を落とす等の事故が発生しています。
 このような事故を防ぐため、次のことに注意しましょう。
 ① 道路に面している屋根などの氷雪を常に点検し、早めに雪を下ろしましょう。
 ② 雪下ろし作業は、転落防止の措置を講じ複数人で行いましょう。
 ③ ハシゴを登るときは、必ずずれないように下を押さえてもらいましょう。
 ④ 落氷雪のおそれがある軒下などは歩かないようにしましょう。
 ⑤ 建物を管理している方は、看板やロープなどで歩行者に注意を促しましょう。
 

○ 北海道警察官募集

 受付期間 3月1日(金)から4月12日(金)まで
 1次試験 5月18日(土)
 採用予定 200名程度 うち女性55名程度
 受験資格 大卒者(来春大学卒業見込者を含む。)、高卒者等から社会経験豊富な
      32歳までの(昭和62年4月2日以降に生まれた)方ならどなたでも!
 お問い合わせは、旭川東警察署(代)℡0166-34-0110まで、ご連絡下さい。

旭川東警察署長の写真
平成31年3月
旭川方面旭川東警察署長
押野 幸樹